Qどのような料理に利用できますか

A
出力・温度調節キーで、とろ火から強火まで思いのまま、煮込みから揚げものなど調理にあった出力(火力)を簡単に調節できます。従来のガステーブルや電気コンロなどの調理器具と同じ要領で調理できます。

1.煮る・煮込む
沸騰まで強火で加熱してから煮ます。
沸騰までは強火で加熱し、さっと煮る煮物料理は中火に切り替えて煮ます。じっくりと煮込む煮込み料理は、とろ火や、弱火に切換えて煮込みます。

2.炒める
フライパンや鍋の全体に油をよくなじませ熱してから材料を入れ強火で炒めます。油の温度が急激に上がりますので、加熱しすぎに注意してください。

3.焼く
鉄板・フライパンをあらかじめ熱してから焼きます。肉魚料理等は、鉄板・フライパンを強火で熱してから油をひき、材料を入れ中火で焼きます。

4.揚げる
たっぷりの油で、温度を一定に保って揚げます。強火で油の温度を上げてから天ぷら・フライ等は強火、ドーナツ等は中火で、油の温度を一定に保ちながら揚げます。

5.ゆでる
たっぷり湯を使ってゆでます。
ほとんどの材料は強火でゆでます。

6.蒸す
材料を入れるときは、必ず蒸気が出てから入れます。蒸気が出るまでは強火で加熱し、卵料理は弱火に切換えて蒸します。卵料理以外は、強火で蒸し上げます。

加熱調理の火加減調節めやす揚物調理の温度調節のめやす

 

 

 

戻る

この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

また、サポート情報改善のためご意見、ご感想をお聞かせください。

関連するご質問

Powered by i-ask
タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube