Q動かない/ノズルが出ない(本体内蔵の着座スイッチタイプ)

A
本体に内蔵されている着座スイッチタイプのご案内になります。
着座スイッチがうまく作動していない可能性がありますので、ご確認をお願いいたします。
(代表機種の画像で説明しています)

●該当機種の確認方法●
取扱説明書「各部のなまえ」で「着座スイッチ(内蔵)」の記載がある場合に、該当機種となります。
(機種例)SCS-T161,SCS-TCK1010,SCS-TCK910,SCS-TCK11E2


次の手順で確認を行ってください。

【手順1】下記2点について確認
便座の前脚  正しい状態① 
便座裏側の前脚が便器のふちに載っている

便座の下のすき間(浮き) 正しい状態② 
便器に向かって左側面に、イラスト通りに3カ所のすき間(浮き)がある
・座った時に便座が沈んで着座スイッチが入ります。

【手順2】
前脚が便器のふちに載っていない場合、便座の下のすき間(3カ所)がない場合は、便座の前脚が便器のふちに載り、便座の下のすき間(3カ所)を確保してください(正しい状態①②)。(下記「調整方法」参照)
手順1の確認でどちらも正しい状態になっている場合は、ナットが緩んでいないか確認してください。(下記「調整方法」⑤参照)

温水洗浄便座をはずして位置やズレを直して取り付け、最後に付属のスパナを使ってナットを締め付けます。
↓↓調整方法↓↓

【手順3】着座スイッチの作動確認
可能であれば、直接便座に座っておしりボタンやビデボタンを押して、洗浄水が出るか確認してください。

洗浄水を出して確認するのが難しい場合は、「節電モード2」にしてランプの点灯状態で確認することができます。
  1. 「温水」や「便座」のランプが点灯していることを確認
    消えている場合は温水温度調節ボタン、便座温度調節ボタンを押してランプを点灯させてください。

  2. 節電モード2のランプが点灯するまで節電ボタンを押す
    節電モード2のランプのみ点灯(他のランプは消灯)


  3. 便座に座り、約2秒後、節電モード以外のランプを確認する
    [OK]節電モード以外のランプも点灯する。正常に作動します。
    [NG]節電モード以外のランプが点灯しない。⇒【手順2】に戻って位置の再調整をしてください。

  4. 最後に、節電ボタンを押して、節電モードを解除しておいてください

  • 設置時に確認いただく他、ご使用に伴い取付ボルトが緩み、便座が正しい位置からズレてしまうことがありますので、定期的にご確認いただき、ナットを締め付け直してください。
  • 他の原因については「関連するご質問」よりご覧いただけます。(「関連するご質問」は下の方までスクロールするとご覧いただけます)

戻る

参考URL

この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

また、サポート情報改善のためご意見、ご感想をお聞かせください。

関連するご質問

Powered by i-ask
タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube