Qエラーコードが表示される

A

以下の表をご確認ください。

「スタート/ストップ」ボタンを押すか、本体の主電源スイッチを「OFF」にすると、エラーコードが消えます。


































































エラーコード 音声ガイド 原  因 解決方法
エラーコードC00 本体をほかの場所に移動させてください。 本体が移動中に立ち往生している。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、本体を別の場所に移動します。
エラーコードC01 回転ブラシにからみ付いた異物を取り除いてください。 異物(糸・髪の毛・紙・玩具など)が回転ブラシにからまっている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、回転ブラシから異物を取り除きます。
エラーコードC02 右側の車輪をチェックしてください。 異物(糸・髪の毛・紙・玩具など)が右側の車輪にからまっている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、右側の車輪から異物を取り除きます。
エラーコードC03 左側の車輪をチェックしてください。 異物(糸・髪の毛・紙・玩具など)が左側の車輪にからまっている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、左側の車輪から異物を取り除きます。
エラーコードC05 バンパーセンサーをチェックしてください。 バンパー内側のバンパーセンサーが誤作動している。 バンパーを外側に向けて少し引っ張ります。

※無理に引っ張らないでください。
エラーコードC06 側面のセンサー部をやわらかい布でふいてください。 側面のセンサー部(障害物センサー)によごれが付いている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、前方と左右の障害物センサーをやわらかい乾いた布でふき取ります。
エラーコードC07 裏面のセンサー部をやわらかい布でふいてください。 裏面のセンサー部(段差センサー)によごれが付いている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、裏面の段差センサーをやわらかい乾いた布でふき取ります。
エラーコードC08 ダストボックスとフィルターをチェックしてください。 ダストボックスが挿入されていない、またはフィルターが取り付けられていない。 ダストボックスにフィルターが取り付けられているか確認し、本体に「カチッ」と音がするまでダストボックスを差し込みます。
エラーコードC09 サイドブラシをチェックして、からみ付いた異物を取り除いてください。 異物(糸・髪の毛・布・電源コードなど)がサイドブラシにからまっている。 本体の主電源スイッチを「OFF」にして、サイドブラシから異物を取り除きます。

 

 



 



 



 







戻る

この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

また、サポート情報改善のためご意見、ご感想をお聞かせください。

関連するご質問

Powered by i-ask
タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube